· 

妊娠中に必要なヨウ素量はどのくらい?

妊娠中のヨウ素の過剰摂取は母体の健康やマタニティブルー、胎児の成長に影響を与える恐れがあるため注意が必要です。

 

妊娠中は色々な栄養素をいつも以上に必要とします。ヨウ素も妊娠中に多く必要とする栄養素の1つです。ただし、日本人は、基本的にヨウ素は過剰摂取の傾向があります。

 

ヨウ素は海藻類に多く含まれる栄養素です。その中でも、昆布にはとびぬけて多く含まれています。

 

毎日海藻を食べる方、昆布出しの効いたお味噌汁やお吸物等を頻繁に飲んでいる方は、確実にヨウ素は過剰です。ヨウ素過剰は甲状腺機能低下症を悪化させてしまいます。橋本病の方は注意しましょう。潜在性甲状腺機能低下症の方もヨウ素を摂り過ぎると甲状腺に大きな負担をかけてしまうので注意しましょう。甲状腺疾患でない方も、ヨウ素の過剰摂取によって甲状腺ホルモンのバランスが崩れると、甲状腺疾患と同様の症状が出てしまいます。

 

昆布をどのくらい食べたら妊娠中に必要なヨウ素を摂取できるのでしょうか??次の3つから選んでみましょう。

 

1. チューインガム1枚分程度の大きさ

2. 文庫本程度の大きさ

3. nano sim 程度の大きさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは3です。

 

毎日昆布を食べるのなら、一日に必要なヨウ素は昆布「nano sim 1枚」サイズで足りてしまいます。

 

他の海藻ならヨウ素の含有量はもっと少なくなりますが、海藻を毎日食べるのは少し控え、週に2日程度にすると良いでしょう。 

↓橋本病に必要な栄養素を知りたい方におすすめ