甲状腺栄養カウンセリング


甲状腺栄養カウンセリングは、Acco MUKAWAによる、お一人お一人の症状や不調に寄り添ったオーダーメイド式の栄養カウンセリングです。健康データに基づく無理のない食生活の改善によって体重を安全にコントロールしていきます。

オーダーメイド式の甲状腺栄養カウンセリングのご案内
オーダーメイド式の甲状腺栄養カウンセリングのご案内

甲状腺栄養カウンセリングの特徴


\ こんな方におすすめ /

  • 食べてないのに痩せない・太る
  • 太るから怖くて食べられない
  • 何とか減量したけれど体力もなくなった
  • 安全に減量したいけれど食事をどうして良いか分からない
  • 栄養には気を付けているけれどあっているのか分からない

その他にも不調のある方はお話ください。甲状腺栄養カウンセリングではこれらの悩みをご一緒に解決していきましょう。

 


甲状腺栄養カウンセリングのメリット


Acco MUKAWAによるオーダーメイド式のカウンセリングのメリット
Acco MUKAWAによるオーダーメイド式のカウンセリングのメリット

 

  •  お一人お一人の甲状腺疾患の症状を考慮します
  • お一人お一人の体質や全ての不調を考慮します
  • まったく新しい食生活に切り替える必要はありません 

 

皆さまの現在の食生活や好きな食べ物を大切にします。これまでの食生活をベースにすることで、食事療法を無理なく続けることができます。カウンセリングを受けることで、いつの間にか毎日の食生活がお一人お一人に最適な食事療法そのものになっていきます。

20代.30代の方こそ専門家の食事療法を


 

バセドウ病や橋本病を発症される方の多くは20代、30代です。

 

甲状腺疾患を発症すると体重の増加に悩まされる方が多くいらっしゃいます。こんな時、自己流のダイエットをしてしまえば、身体への悪影響は計り知れません。インターネット上では多くのダイエット情報が見つかりますが、これらの多くは甲状腺疾患の方にとっては不向きです。ところが病気であるという事実を忘れ、健康な方と同じように無理なダイエットをしてしまう方がたくさんいらっしゃるのです。

 

食事を減らすことに躍起になっているケースもありますが、食事を減らせば減らすほど、栄養素は不足してしまいます。これでは体重の管理どころか、甲状腺にも悪影響を与えてしまいます。

 

甲状腺栄養カウンセリングは、概ね18歳~39歳の甲状腺疾患を発症された女性を対象に、適切な栄養摂取による食事療法を中心とした体重管理法をアドバイスいたします。

 

その場限りのアドバイスではなく、全4回の継続フォローにより、お一人お一人の体調を考慮しながら安全に減量※を進めていきます。 

 

※痩せにより、体重を増やしたい方も、ただ何でもかんでも食べれば良いわけではありません。身体の回復に役立つ栄養素をバランス良く摂取する方法をアドバイスいたします。

 

 


正しいダイエットはメリットがたくさん


食事量を極端に減らす減量をしていると、栄養不足が起こってしまいます。栄養が不足すると減量は困難になってしまいます。かえってリバウンドしてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

バランスのよい食事療法による減量は、必要な栄養素がしっかりと摂取できます。栄養をたっぷりと摂取するので、減量効果が出やすくなるだけでなく、知らないうちに不足していた栄養素を補うことができます。栄養素が満たされることで、脳の栄養が充足し、リラックスできるようになったり、甲状腺とは関係ないと言われていた不調も改善されることがよくあります。

 

カウンセリングではお悩みをしっかりと伺い、体重、不調、リラックスの各方面にバランス良く配慮した食事療法をご提案いたします。

甲状腺栄養カウンセリングのイメージ
甲状腺栄養カウンセリングのイメージ

ダイエットを目的に食事療法をしていても、栄養バランスが最適な食事療法であれば、不調の改善やリラックスにも効果があらわれることはよくあります。


カウンセリングの対象年齢


 

甲状腺栄養カウンセリングは、概ね18歳~39歳の甲状腺疾患を発症された女性が対象です。症状や体重のこと、これまでのダイエット、不調のこと等をお伺いし、年齢やライフスタイル、体質等も踏まえた上で総合的に判断していきます。

 

1回限りのアドバイスではなく、全4回の継続フォローにより、お一人お一人の体調やご希望を考慮しながら安全に食生活の改善を進めていきます。  

 


ご存知ですか?


甲状腺疾患は20代から発症リスクが高まります。20代、30代で甲状腺疾患を発症された方が、体重を無理に減らそうとし、或いは健康に良さそうだからといって、ご自身にとって適切でない食生活を送ってしまえば、身体への負担は蓄積されるばかりです。

 

甲状腺疾患が寛解したとしても、その後はフォローのないまま、身体に負担のかかる食生活を送り続けてしまう恐れがあります。すると、体重の管理が歳を重ねるごとに難しくなるばかりでなく、骨粗鬆症や動脈硬化等、多くの病気のリスクを高める恐れが出てきます。妊娠を希望される方は、妊娠そのものや胎児の成長への悪影響の心配もあります。栄養素は脳の働きにも必要不可欠であるため、無理なダイエットによって、脳が司る心への悪影響も大きくなるでしょう。

 

40代になって多くの不調が顕著になり後悔しても時間を取り戻すことはなかなかできません。どんどん大変になります。特に、自己流のダイエットや体重減少だけを目的にした栄養学に基づかない食事法はとても危険です。食生活の改善は早ければ早いほど、体重の管理がスムーズになり、身体への負担を最小限に留めることができるのです。 


甲状腺栄養カウンセリングはこんな方におすすめ


  • 食べていないのに太っている
  • 太っている・痩せられないのは食べ過ぎのせいと言われた
  • コレステロールや中性脂肪に気を付けてと言われたがどうして良いか分からない
  • (病院で指摘をされたが治療を受けていない方)
  • 自己流或いはどこかで見聞きしたダイエットを試したが成果がでない
  • バセドウ病の治療中で太ることが怖く食事量が極端に減っている
  • バセドウ病によって大食いだったので適切な量の食事が分からない
  • 食事量を減らし過ぎて正しい量が分からなくなった
  • 食欲がなくて食べられない
  • 食べることが怖くて痩せている
  • 甲状腺疾患の症状は安定しているが体力がない
  • 自身にとって必要な栄養素を知りたい
  • 健康的な食生活を送りたい
  • 病院で甲状腺疾患との診断を受け検査データをお持ちの女性の方
  • 病院で甲状腺疾患の疑いとの診断を受け検査データをお持ちの女性の方

 

上記の方で、対象は概ね18歳~39歳の方。