· 

甲状腺ホルモンの季節・気温変動は冷え性や夏バテと関係


甲状腺ホルモンは気温や季節によって変動する


橋本病による辛い冷えはTSHが関係しています
橋本病による辛い冷えはTSHが関係しています

 

ここのところ気温が下がり、急に秋めいてきました。

 

バセドウ病の方は暑くて辛い夏が一段落し、身体が少し楽になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それに対し、橋本病・甲状腺機能低下の方はそろそろ寒さが辛いという方も多いかと思います。

 

暑さや寒さが辛いといった症状は、実は甲状腺ホルモンの調整機構が関係しています。

 

 

 


甲状腺刺激ホルモンTSHと冷えの関係


 

TSHは季節や気温によって変動することをご存知ですか?

 

TSHとは甲状腺を刺激することで、甲状腺ホルモンの生産量を増減させる「甲状腺刺激ホルモン」です。

 

TSHの刺激によって甲状腺ホルモンの生産量を増減させることで、基礎代謝を変動させ、暑さや寒さの中でもできるだけ身体が適応できるように制御しています。

 

これは健康な方も、甲状腺疾患の方も同様にみられる現象です。

 

TSHと甲状腺ホルモンの連動が上手くいっている場合、つまり、健康な方は、寒い時には基礎代謝が亢進して熱の生産量が増え、暑い時には基礎代謝を低下させて熱の生産量を減らします。

 

この連動がなかなか上手くいかないのが、甲状腺疾患の特徴なのです。

 

甲状腺疾患の方はTSHの増減に対し、甲状腺ホルモンが上手く増減しないために、暑さや寒さに弱くなってしまいます。

 

 


甲状腺疾患の方の冷え対策は食事から


橋本病・甲状腺機能低下やバセドウ病治療による冷えが辛い方は食生活を見直しましょう
橋本病・甲状腺機能低下やバセドウ病治療による冷えが辛い方は食生活を見直しましょう

 

バセドウ病の方は抗甲状腺ホルモン薬を内服することで、TSHが正常値に上昇するように治療をしていきます。

 

橋本病・甲状腺機能低下症の方は内服によって甲状腺ホルモンが正常値に保たれるように調整をしていきます。

 

このようにTSHや甲状腺ホルモンをできるだけ正常値に整えることで、暑さや寒さにも適応しやすくなっていきます。

 

そうかといって、治療によって整えているわけですから、身体は気温の細かな変化には適応し辛い状況です。

 

急な気温差や季節の変わり目はTSHや甲状腺ホルモンが急ぎ働きをしなければならないため、甲状腺にも負担がかかりやすいタイミングであると考えられます。

 

これからますます寒くなっていきますが、寒さが苦手な方はできるだけ身体を冷やさず、温める対策をこれまで以上にしっかりととることで、身体に大きな負担をかけないようにしておきましょう。

 

食生活においては、砂糖や加工食品の多い食生活は身体を冷やす原因となってしまいます。

 

 

砂糖の過剰摂取に注意すること、また、身体を温める肉や魚、卵をはじめとするタンパク質が不足しないように意識的な摂取を心がけましょう

 

減量のために食事量を減らし、タンパク質不足になっている方が多くいらっしゃいます。これでは身体はどんどん冷えてしまいますので注意しましょう。


参考文献


Danchen Wang et al. Data mining: Seasonal and temperature fluctuations in thyroid-stimulating hormone. Clin Biochem . 2018 Sep;60:59-63.  doi: 10.1016/j.clinbiochem.2018.08.008. Epub 2018 Aug 18.       

(2020年9月24日参照) 

 

  

   

 

<おすすめの関連記事>

 バセドウ病や橋本病・甲状腺機能低下症の診察・検査・採血時間の選び方と活用法