· 

ダイエットとPFCバランス


甲状腺ホルモンと体重


©Apointy 甲状腺ホルモンと体重の関係
©Apointy 甲状腺ホルモンと体重の関係

甲状腺疾患に気付くきっかけは「太ったから」「痩せたから」という方も多いのではないでしょうか?

 

甲状腺ホルモンは基礎代謝を司るホルモンであるため、甲状腺ホルモン量の変化は基礎代謝を変化させ、体重の増減に影響を与えます。

甲状腺機能低下症・橋本病やバセドウ病を発症時や治療中に、体重が増加する方が多くいらっしゃいます。

 

甲状腺機能低下症・橋本病においては、甲状腺ホルモンの分泌量が減り、基礎代謝が低下するために体重が増加します。

 

バセドウ病においては、抗甲状腺薬の服用によって基礎代謝が改善するため、これまで減少していた体重が回復していきます。

 

大きな原因は以上の通りですが、甲状腺機能低下症・橋本病及び、バセドウ病の治療中の体重増加には、他にもいくつかの原因が関与しています。

 

これらの原因によって体重が増加するため、減量のために一般的なダイエット法を試みる方もいるのではないでしょうか。


万人向けのダイエットがお勧めでない訳


©Apointy 甲状腺疾患に万人向けダイエットがお勧めでない訳
©Apointy 甲状腺疾患に万人向けダイエットがお勧めでない訳

一般的な万人向けのダイエット法は甲状腺機能低下症・橋本病やバセドウ病の方には不向きです。

 

万人向けのダイエット法とは、何か1つの食品だけを食べ続ける単品ダイエット、食事回数を減らす欠食ダイエット、動物性食品を食べないベジタリアンダイエットなどさまざまなものがあります。

 

このようなダイエットは多くの場合PFCバランスを考慮していないため、甲状腺疾患の方の身体に大きな負担がかかってしまい、絶対にお勧めできるものではありません。


ダイエットとPFCバランス


©Apointy ダイエットとPFCバランス
©Apointy ダイエットとPFCバランス

ところで、PFCバランスとはどのようなものでしょうか?

 

PFCバランスとはタンパク質、脂質、炭水化物のバランスのことです。

 

<PFCとは>

P=タンパク質

F=脂質

C=炭水化物

 

PFCは3大栄養素と呼ばれ、この3つの合計値が食事のエネルギー量(カロリー)となります。

 

PFCのバランスが崩れていたり、PFCの合計が不足していれば、それは無理なダイエットになってしまいます。

 

万人向けのダイエットのほとんどがPFCバランスを考慮しておらず、エネルギー量が極端に不足しています。

 

仮に減量効果があったとしても、身体に大きな負担をかけてしまいます。

 

減量を目的としたダイエットを行うのなら、PFCバランスを考慮した安全な方法を選びましょう。もちろん、減量を目的としていなくても、栄養バランスの良い食事にはPFCバランスを考慮することが必要不可欠です。

 


食事のPFCバランスを整える


  

お肉や魚、豆類等のタンパク質はしっかりととっていますか? 油っこいものばかり食べていませんか?丼物や麺類等の炭水化物中心の食事が続いていませんか?

 

毎日の食生活の中で、食事バランスを見直すことはPFCバランスを整える基本的な作業です。食事内容に偏りがないかどうか、さっそく見直してみましょう。

 

 ↓↓PFCバランスが一目で分かる栄養バランスダイエット法です。栄養計算をしなくてもPFCバランスを整える方法が身につきます。 分かりやすい食事例の写真付きです。