食事療法にもウォーミングアップがある?


©Apointy  食事療法にもウォーミングアップがあります   photo  Apointy
©Apointy  食事療法にもウォーミングアップがあります photo Apointy

これは管理栄養士が提案する、ある日のランチ例です。この日は「玄米ご飯、ポークソテー、リンゴと玉ねぎのソース、スモークサーモンサラダ、野菜スープ」でした。

 

サラダ、スープ、肉料理のソースにも野菜がたっぷりと使われて、とってもヘルシーですね。

 

でも、実はそれだけではありません。目には見えない食事療法の工夫が隠されているのです。

 

最近何かと「健康的な食生活」に関心が高まっています。つい先日も、モードな服装に身を固めた20代の女性二人が、パウダールームで健康的な食生活やコレステロールについて議論している所に出くわし、驚いてしまいました。皆が健康的な食生活に関心を持つのはとても嬉しいことです。

 

橋本病・甲状腺機能低下症の方は、毎日の不調と付き合う中で、食生活を見直したいと思う方も多くいらっしゃるでしょう。栄養素について、色々調べている方も多いと思います。

 

私も実際に、健康的な食生活や栄養について検索してみることもありますが、特定の栄養素を強調する情報が多いようにも見受けられます。

 

もちろん不足する栄養素を補うことは、栄養不足による不調を改善したり、健康を維持するためにとても大切なことです。

 

しかし、栄養素はとにかく足せば良いわけではありません。その前にすべき、重要なことがあります。とても重要なことなのに、見向きもされないことが多いのです。


橋本病の食事療法を実践する前に


話はそれますが、みなさま、運動はしていますか?

 

運動をする前に、ウォーミングアップをした方が良いことは多くの方がご存知だと思います。予め身体を温めておくことで、スムーズな動きが可能となり、ケガの予防にもつながります。

 

実は、食生活も同様で、運動の様にウォーミングアップをすると、食事療法の効果が出やすくなるのです。

 

 

食事療法や栄養学に関心のある方は、本当に良く勉強され、毎日栄養豊富な食品を食事に取り入れている方もいらっしゃいます。ところが、残念ながら、ほとんどの方がウォーミングアップについては実践できていません。


食事療法のウォーミングアップとは?


©Apointy 橋本病・甲状腺機能低下症の栄養を考える前にすべきこと
©Apointy 橋本病・甲状腺機能低下症の栄養を考える前にすべきこと

食事療法におけるウォーミングアップとは、具体的にどの様なものでしょうか?

 

まず第一に、自分の食生活の欠点を見つけることは言うまでもありません。これは、多くの方が、既に気付いていらっしゃるでしょう。

 

もう1つ、大切なことがあります。

 

食事療法における、大切なウォーミングアップとは「減塩」をすることです。

 

厚生労働省の「国民栄養・健康調査の報告」によれば、日本人の一日の塩分摂取量は推奨量の1.5倍近い量を摂取しています。これはWHOが推奨する塩分摂取量の2倍近い量にあたります。

 

塩分の過剰摂取は血管や心臓に身体に大きな負担をかけ、とても危険です。橋本病にとっても、多くの場合、塩分の過剰摂取は良いことではありません。 


橋本病・甲状腺機能低下症と減塩


©Apointy 橋本病・甲状腺機能低下症と減塩の関係
©Apointy 橋本病・甲状腺機能低下症と減塩の関係

塩分の過剰摂取は血管や心臓に大きな負担をかけ、高血圧や心臓疾患のリスクを極端に高めてしまうことが分かっています。

 

塩分の摂取量を減らすことで、これらのリスクを下げることができます。

 

ところで、なぜ減塩を「食事療法のウォーミングアップ」と呼んでいるのでしょうか?

 

過剰な塩分は、そのものが病気のリスクを高めるだけでなく、その他の栄養素の吸収効率を下げてしまいます。

 

減塩することで、塩分による病気のリスクを下げ、その他の栄養素の吸収効率をアップさせることができるのです。

 

橋本病・甲状腺機能低下症の方は、体内で複数の栄養素が不足しやすくなっています。栄養素が不足しやすいと、色々な不調を感じてしまいます。減塩をすることで、栄養素の吸収効率がアップするのです。

 

吸収効率がアップする栄養素の代表は「カルシウム」です。カルシウム強化も橋本病の方に大切なテーマの1つですが、減塩と組み合わせることも重要です。

 

せっかく食事療法を実践するのなら、「ウォーミングアップ=減塩」をすることで、栄養素の吸収効率を高めた上で、色々な栄養素を摂取していきましょう。

 

その様な訳で、冒頭のランチの写真は「減塩」も1つのポイントだったのです。

 

これまでに頑張っても食事療法の効果が出なかったという方は、塩分を過剰に摂取していないか、見なおしてみましょう。

 

運動と同様に、食事療法もウォーミングアップを取り入れることで、効果がアップしますよ。

 


橋本病・甲状腺機能低下症        食事療法のウォーミングアップ 参考文献


1.厚生労働省 平成29年国民栄養・健康調査報告 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_eiyou_chousa.html


2. 橋本病の食事法


3. 減塩から美味しい適塩へ