· 

橋本病のための油脂の選び方

橋本病の方はコレステロールが高くなりやすいため、飽和脂肪酸を控えた方がよいでしょう
橋本病の方は飽和脂肪酸を避けましょう 写真はイメージ photo Marge Nauer, Pixabay

橋本病や甲状腺機能低下症、潜在性甲状腺機能低下症の方はコレステロールが高くなりやすい体質です。そのために、飽和脂肪酸は控えなければなりません。

  

<飽和脂肪酸とは?>

 

飽和脂肪酸とは、動物性の食品に多く含まれる油脂の成分です。

 

油脂は様々な脂肪酸を成分としており、成分の組み合わせによって口どけや加熱した際の温度等が異なります。

 

飽和脂肪酸とは「常温で固まりやすい油脂」に多く含まれています。常温で固まりやすい油脂は、私たちの体内でも同じように固まりやすい恐れがあるのです。それを上手く分解できなければ血管が詰まり、動脈硬化のリスクを高めてしまいます。

 

 

橋本病の方は飽和脂肪酸を分解する速度が遅くなっています。動脈硬化予防のために摂取量を控えましょう。