甲状腺ホルモンとヨウ素について


ヨウ素は甲腺ホルモンの主原料となる微量ミネラルです。

 

腺ホルモンは新陳代謝を担うため、ヨウ素の過不足によって甲腺ホルモンのバランスが崩れると、新陳代謝が上手くいかなくなってしまいます。

 

ヨウ素と食品


ヨウ素は食事からが必要な養素です。特に海藻類に多く、魚介類等にも比較的豊富に含まれています。

ヨウ素の必要量


厚生労働2020年食事取基準によると、ヨウ素は1日に130㎍のが推されています。

 

日本人はヨウ素の推奨量に対し過剰にヨウ素を摂取する傾向にあります
日本人はヨウ素の推奨量に対し過剰にヨウ素を摂取する傾向にあります

日本人のヨウ素摂取状況


日本人の多くはヨウ素を過剰摂しています。しかし、菓子類を食事がわりに食べている方や、極端に食事量を減らすダイエットをしている方はヨウ素不足が問題視されています。

 

 

橋本病・甲状腺機能低下症とヨウ素


ヨウ素過剰摂取は甲腺機能低下を促進し、太りやすい、冷え性、毛等のリスクを高めてしまいます。 

 

腺機能低下症の主な症こちらのセルフチェックで確認することができます。

 

不妊と橋本病やヨウ素の過剰摂取


不妊と橋本病やヨウ素の過剰摂取の関係について
不妊と橋本病やヨウ素の過剰摂取の関係について

 

腺ホルモンは妊娠や胎の成長に深くわってくるために、甲腺機能低下は不妊の原因となります。

  

妊娠を希望しているにもわらず、なかなか妊娠できないという方は、ヨウ素の過不足が原因のこともありますので、取量を確認しましょう。また、不妊の原因には橋本病やバセドウ病等の甲腺疾患関与している恐れがありますので、甲ホルモン値をしましょう。

 

橋本病とヨウ素


ヨウ素過剰摂けていると、甲が腫れ、甲腺機能低下症になります。この場合はヨウ素取量を改めることで、症を緩和することができます。ヨウ素が原因の橋本病の場合、ヨウ素取量を改めることで、服治療が不要になることがあります。橋本病の診を受けた際は、ヨウ素取量を見直しましょう。

 

バセドウ病とヨウ素


バセドウ病の原因にはヨウ素の過剰摂関与していることがあります。バセドウ病の診を受けた場合は、ヨウ素の取量を見直しましょう。

 

 

 

本書はヨウ素制限食ではなく、ヨウ素を過不足なくするためのものです。バセドウ病や橋本病と診断された方や、妊娠を希望される方に特におすすめです。ヨウ素取量の見直しにご活用下さい。

 

アイソトープ治療とヨウ素制限食


アイソトプ(放射線)や治療前の一定期間にヨウ素制限食が必要な場合があります。ヨウ素制限食とは、ヨウ素の含まれる食品を徹底的に排除した食事療法のことです。食事中のヨウ素を排除することで、体のヨウ素量が減り、や治療に用いる特殊なヨウ素を甲に取りませやすくするためです。

 

 

ヨウ素制限食にする詳しい情報は、以下の放射線治療究開企業のサイトが考になります。

 

>>富士フィルム富山化株式 harecoconet, ヨウ素制限食

 

せてアイソトや治療先の病院にお問い合わせ下さい。

 

参考文献



厚生労働.“日本人の食事取基準 2020年”

https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586553.pdf

立がん究センタ. 海藻取と甲腺がんの生との連について.

https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/2959.html

 

関連記事


知っていますか?ゴイトロゲンのがヨウ素の正常な吸を阻害し、甲腺機能低下を招く恐れがあります。

 

>>橋本病の方のダイエットの見方は豆乳?それとも牛乳?