· 

気象病の不調を軽減する食事

気象病の不調を軽減する食事
気象病の不調を軽減する食事

甲状腺疾患は気象病と深い関係があります。

 

自律神経の働きをできるだけ穏やかにし、気象病による不調を改善する方法はあるのでしょうか。

 

<マッサージや運動>

 

気象病は内耳にある三半器官が関係していると言われています。バランス感覚を調整する器官ですので、気象病によってめまいがする方が多くいらっしゃいます。

 

耳や首を軽くマッサージすることで三半器官の調整機能が整いやすくなると言われています。

 

暑さ寒さも自律神経に与える影響が大きいので、梅雨寒の季節に体を冷やさないようにすることも大切です。

 

無理のない程度に体を動かし、血流を良くすることも対策の1つです。

 

 

 

 

 

<食生活の改善>

 

食生活についても、いくつか対策が考えられます。

 

第一に体の温まる様な食事は自律神経を整えてくれます。眠気やだるさの症状がある方は少しだけスパイシーなお料理を取り入れても良いでしょう。頭痛のある方は刺激が強すぎればかえって症状を悪化させてしまう恐れもありますので、ほんの少しスパイシーな程度がお勧めです。

 

また、近年では自律神経と腸内環境も関係があることが分かってきています。食物繊維や乳酸菌を色々摂取し、「腸活」を行うことも気象病改善に役立つかもしれません。

 

梅雨明けまであと一歩です。色々工夫しながら気象病の不調を乗り越えていきましょう。