橋本病と栄養・食事

橋本病にかかると基礎代謝が低下し、エネルギーはすぐに過剰になってしまいます。その反面、栄養の吸収効率が低下しているため、栄養不足によって様々な不調を感じるようになります。できるだけ栄養素の詰まった食事を心がけることで、治療を効果的に進めることができます。治療の効果が出てくると基礎代謝が次第にアップし、不調も改善されていくでしょう。

摂取エネルギー量

治療を開始しても、体の中に変化が起こるには少し時間がかかります。初めのうちは基礎代謝量が落ちていますので、食べ過ぎに注意しましょう。この際、栄養の偏った食事を続けると、基礎代謝はいつまでたっても上がらず、不調も改善されません。

 

食事量を増やす必要はありませんが、「糖質だけ」といった偏食は避け、ご飯や魚、お肉、野菜を万遍なく食べるようにしましょう。

糖質の種類

治療を開始したら、主食を玄米や雑穀米、全粒粉に切り替えましょう。玄米や雑穀米、全粒粉には食物繊維やビタミンB1が豊富に含まれています。これらの栄養素は基礎代謝を高めるサポートをしてくれます。

 

橋本病の方は血糖値が乱れやすい体質になっています。玄米や雑穀米、全粒粉は血糖値を上げにくいので、その点においてもお勧めです。

 

橋本病にかかるとコレステロールが高くなりやすくなります。糖質や脂質の過剰摂取はコレステロールの過剰につながるために注意が必要です。特に、中性脂肪とLDLコレステロールの双方が高い方は糖質をとりすぎている恐れがあります。糖質の量を少し減らしてみましょう。

 

食物繊維はコレステロールを下げる働きもあります。これまで白米や精白小麦のパンやパスタ、うどんを好んで召し上がっていた方は、玄米や全粒粉に置き換えることで、食物繊維の摂取量を少し増やすことができます。

脂質

橋本病にかかるとコレステロールが高くなる傾向にあります。コレステロールは様々なホルモンや細胞の材料になる大切な栄養素ですが、LDLコレステロールの値が高すぎれば動脈硬化のリスクを高めてしまいます。コレステロールが高いと言われた方は油脂の摂取量を見直しましょう。

 

治療を開始したら動物性脂肪を控え、体に良い植物性油を中心に摂取しましょう。

タンパク質

タンパク質は基礎代謝を上げる効果があります。太りやすく痩せにくいからといって食事量やタンパク質量を減らしすぎればかえって基礎代謝を下げてしまいます。過剰なタンパク質は脂肪になってしますが、適度な量の摂取が必要です。

 

タンパク質は脂身の少ない肉類、魚、卵、豆類等からバランス良く摂取しましょう。

 

ビタミン・ミネラル

橋本病の方は栄養の吸収や代謝の効率が低下しています。ビタミンやミネラルは代謝を助けるため、バランス良く摂取することが大切です。ヨウ素の様に過剰も不足も甲状腺に影響を与えるミネラルについては特に注意が必要です。