甲状腺ホルモンとマタニティーブルー

甲状腺ホルモンは妊娠や胎児の成長に重要な役割を果たしています。そのために、甲状腺ホルモンのバランスが崩れていると、流産のリスクや胎児が順調に成長しないリスクが高くなってしまいます。妊娠中のマタニティーブルーも甲状腺ホルモンが関係しています。

潜在性甲状腺機能低下症はマタニティーブルーの原因になります
潜在性甲状腺機能低下症はマタニティーブルーの原因になります

 甲状腺ホルモンや甲状腺ホルモンの司令塔であるTSH(甲状腺刺激ホルモン)は、妊娠の維持や「胎児の成長」に関わる大切なホルモンです。

 

妊娠中にこれらのホルモンバランスが崩れると、母体や胎児の成長にも大きなストレスを与えてしまう恐れがあります。妊娠中の高血圧、糖尿病、流産、早産等のリスクが高まる恐れがあります。

 

甲状腺ホルモンの乱れはマタニティーブルーを引き起こす恐れもあります。

 

潜在性甲状腺機能低下症であっても、妊娠中は甲状腺ホルモンのバランスが崩れやすいために注意が必要です。

 

 

バセドウ病橋本病の方も、妊娠を希望する方や妊娠中は通常よりも細やかな甲状腺ホルモンのコントロールが必要です。

 

参考文献:

 

Environmental Health Perspectives • VOLUME 110 | SUPPLEMENT 3 | JUNE 2002「A Model of the Development of the Brain as a Construct of the Thyroid System」 

甲状腺と妊娠中の栄養

バセドウ病、橋本病、潜在性甲状腺機能低下症の方は妊娠中の甲状腺ホルモンのバランスに、特に注意が必要です。まず第一に、甲状腺ホルモンのバランスを保つ治療を受けることが大切です。

 

その上で、甲状腺を刺激する栄養素を避ける必要があります。

 

ヨウ素」は甲状腺ホルモンの材料となる大切な栄養素の一つです。妊娠中は胎児の成長のためにもヨウ素は妊娠前より多く必要です。ただし、ここで注意点があります。多めといってもヨウ素の必要量はごく微量です。

 

ヨウ素をとりすぎると甲状腺ホルモンのバランスを崩してしまいます。

 

ヨウ素は海藻類、特に昆布に多く含まれています。日頃から和食を食べる習慣のある日本人にとっては多くの場合、不足よりも「ヨウ素過剰摂取」の心配があります。

 

ヨウ素の過剰摂取を続けると、一次的に甲状腺機能が亢進したり、潜在性甲状腺機能低下症が橋本病に進行する恐れもあります。

 

日頃からヨウ素の過剰摂取に気を付けましょう。

 

参考文献:

 

- National Institutes of health 「Health information  Iodine」

- 文部科学省「日本食品成分表2015年版(七訂)」

(いずれも2019年5月23日参照)