甲状腺疾患自己診断の勧め

バセドウ病?橋本病?セルフチェックをしてみましょう

「最近疲れを感じるようになった」「眠れない」「胃腸の疲れ、原因不明の胃痛や胸やけに悩まされている」「大した理由もないのにイライラする」「やる気がない」「食欲がないのに太る」「急に痩せた」「汗っかきになった」「ひどい冷え性になった」等、不調を感じていませんか?

 

これらは甲状腺疾患の典型症状です。甲状腺疾患にかかると体内では様々なホルモンや代謝のバランスが崩れ、不調は全身に及んでいきます。甲状腺疾患の症状は日常的な不調と区別がつきにくく、病院にかかっても「風邪や疲労、胃腸炎」等と診断されてしまうケースもあります。甲状腺疾患は甲状腺ホルモンを整えない限り回復しません。そのために多くの方が甲状腺疾患と知らずに過ごし、辛い日常生活を送っている恐れがあります。 

橋本病の素因は女性の20%は持っている

甲状腺疾患は20代以降の女性がかかりやすい自己免疫疾患です。甲状腺疾患にかかると、集中力が低下する、イライラしやすい、妊娠しにくい等の症状が現れることがあります。そのために甲状腺疾患と気付かないまま過ごしていたら、仕事、結婚や妊娠等、大切なライフイベントを台無しにしてしまうかもしれません。

 

橋本病の素因は比較的多くの女性が持っています。その割合は女性の10~20%にも上ると言われています。女性の5~10人に1人は橋本病になるかもしれないのです。

 

甲状腺疾患を放置すると様々な病気を連鎖的に引き起こしたり、重症化すれば命に係わる症状にまで発展する恐れがあります。また、甲状腺ホルモンは妊娠や成長等にも関係するので、不妊や妊娠しても胎児に悪影響を与える恐れもあります。早い段階で発見して治療を受ければ、通常の日常生活をおくることができます。

 

不調を抱えているのに原因がわからない、なかなか改善しないと感じたら、甲状腺疾患のセルフチェックシートで症状を確認してみましょう。下の画像は代表的な甲状腺疾患である、「バセドウ病」と「橋本病」のセルフチェックシートです。あてはまる項目がないか見てみましょう。あてはまる項目が多い程、甲状腺疾患にかかっている可能性が高くなります。(チェックシートの画像はクリックすると拡大します。)

 

参考文献:

日内会誌 99:707~712,2010 「甲状腺疾患:診断と治療の進歩」

 

セルフチェックシートで多くの項目があてはまったら

セルフチェックシートで多くの項目にあてはまる症状があった方は、甲状腺の専門病院や専門の科で検査を受けてみましょう。

 

甲状腺ホルモン等を調べる血液検査により、甲状腺疾患であるかどうかがわかります。この血液検査は通常の内科ではできません。

 

通常の内科にかかり、疲労や胃炎等、甲状腺疾患以外の診断を受け、そのまま見逃されてしまうケースも見受けられます。甲状腺疾患は精神的な不調も伴うこともあり、そのために心療内科にかかり、甲状腺疾患が放置されてしまうケースもあるようです。

 

甲状腺疾患による様々な不調は、一部を除いて、甲状腺ホルモンを整える治療を受けない限り治りません。甲状腺疾患以外の治療を受けて症状が緩和したとしても、それは一時的なものです。

 

症状がある方が確実に検査を受け、早期発見につなげるためには、セルフチェックによる自己診断をすることが何よりも重要です。 

甲状腺の病院で検査を受けてみましょう

 セルフチェックで多くの項目があてはまったら、甲状腺の専門病院又は専門家を探していきましょう。下記の日本甲状腺学会のホームページから病院を探すことができます。

 

日本甲状腺学会ホームページ「認定専門医施設名簿」

 

上記記載以外にも病院でも甲状腺疾患の検査や専門的な治療が受けられる病院があります。

 

下記のキーワードを目安に、通いやすい病院のホームページを見てみましょう。

 

✔ 大学病院

✔ 総合病院

✔ 甲状腺・内分泌・代謝科のある病院

 

病院のホームページには治療が受けられる疾患名が書かれています。「バセドウ病」「橋本病」と書かれていれば、これらの疾患の検査や治療が受けられる病院であることがわかります。 

 

甲状腺の病気の疑いがある場合、「バセドウ病」や「橋本病」の治療が受けられる病院にかかることが確実な診断につながります。