バセドウ病と栄養・食事のポイント


バセドウ病の食生活におけるポイントとは?
バセドウ病の食生活におけるポイントとは?

バセドウ病を発症すると基礎代謝量が増えるため、しっかりと栄養を摂取しなければすぐに不足してしまうようになります。

 

その反面で、基礎代謝量に対して食欲が勝るケースもあり、このような場合は体重が増加してしまうこともあります。

 

治療を開始すると甲状腺ホルモン値が急速に下がるため、今度は一転して基礎代謝量が低下します。

 

バセドウ病の症状そのものや、それぞれの段階の代謝を考慮しながら、適切な栄養素やエネルギー量を確保する必要があります。

バセドウ病と摂取エネルギー量


治療を開始しても、体の中に変化が起こるには少し時間がかかります。食べても痩せてしまう状態が続いていれば、カロリーが不足しています。その一方で、食欲に任せて好きなものばかり食べてしまえば、栄養バランスが崩れ、合併症を招く恐れがあります。

 

また、基礎代謝の亢進によって痩せ過ぎてしまうと、治療が進んだ段階で「リバウンド」が起こりやすくなってしまいます。治療開始直後は、しっかりと食べて痩せないように体重をキープしましょう。

 

一度にたくさん食べると、血糖値が乱れやすくなります。できるだけ食事回数を増やし、一回に食べる量を増やし過ぎないようにしましょう。

 

バセドウ病の方におすすめの糖質


バセドウ病の方におすすめの糖質は?
バセドウ病の方におすすめの糖質は?

治療を開始したら、主食を玄米や雑穀米、全粒粉などの全粒穀類に切り替えましょう。

 

玄米や雑穀米、全粒粉にはビタミンB1が豊富に含まれています。バセドウ病の方に不足しやすいビタミンの1つです。

 

ビタミンB1が不足すると疲労から回復しにくくなってしまいます。

 

これ以外にも全粒穀類にはミネラルが豊富に含まれています。ビタミンやミネラルには体調を整える作用があります。

 

バセドウ病の治療の初期段階では胃腸の調子が悪いことがあります。その際は急に全粒穀類を摂取することで胃腸の症状が悪化する恐れがあります。

 

調子の悪い時は無理をせず、消化に良いものを食べ、症状が落ち着ちつくまで待ちましょう。

 

バセドウ病におすすめの脂質の摂り方


バセドウ病の方は油脂の選び方を工夫しましょう
バセドウ病の方は油脂の選び方を工夫しましょう

バセドウ病を発症するとコレステロールが低下していることがよくあります。

 

コレステロールは悪者扱いされることが多いものの、実際にはホルモンや細胞の材料になる大切な栄養素です。

 

コレステロールが低いと言われた方は、質の良い脂質を摂取しましょう。

 

治療を開始したら動物性脂肪は少し控え、体に良い植物性油を中心に摂取しましょう。植物性油は質の良いコレステロールの材料となります。

 

バセドウ病とタンパク質


バセドウ病における食事療法のポイントとは?
バセドウ病における食事療法のポイントとは?

バセドウ病によって基礎代謝が高い状態が続いていると、エネルギーが不足して筋肉を消費してしまいます。

 

消耗分を補うためにしっかりと良質なタンパク質を摂取しましょう。

 

治療が進んでくると、基礎代謝が低下するために、今度は太りやすくなってきます。

 

その際は過剰なタンパク質も脂肪になってしまうため注意しましょう。

 

タンパク質は脂身の少ない肉類、魚、卵、豆類等からバランス良く摂取しましょう。

 

バセドウ病とビタミンやミネラル


バセドウ病の方はビタミンやミネラルの不足に注意しましょう。
バセドウ病の方はビタミンやミネラルの不足に注意しましょう。

バセドウ病によって基礎代謝が活発化するとビタミン・ミネラルの消費量も増えます。

 

これらが不足しないように十分な量の摂取が必要です。

 

治療が進み、甲状腺機能が低下した段階においても、ビタミンやミネラルは不足しやすいため、しっかりと摂取を続けましょう。

 

ただし、ミネラルの中でもヨウ素は摂取量に注意が必要です。

 

バセドウ病とヨウ素


バセドウ病の方は基本的にはヨウ素制限は不要です。ただ、ヨウ素は甲状腺ホルモンの主原料であるため、過不足は甲状腺ホルモンのバランスを乱す恐れがあります。

 

バセドウ病によって甲状腺の細胞が傷つき、ヨウ素過不足の影響を受けやすくなっていますので、バセドウ病の診断を受けたらヨウ素摂取量を見直しましょう。

 

なお、ヨウ素摂取法について治療先の病院の指示がある場合、それに従った食事療法を実践してください。