バセドウ病や橋本病とストレス


バセドウ病や橋本病とストレスの関係
バセドウ病や橋本病とストレスの関係

 

甲状腺疾患の発症の原因には色々なものがあげられています。その一つがストレスです。

 

皆さまの甲状腺疾患にも何らかのストレスが関わっている可能性があります。

 

ストレスとは必ずしもいらいらとした感情を伴うことを示しているわけではありません。

 

「喜怒哀楽を伴う出来事」、「寒暑」や「ケガ」等も私たちにとってストレスです。

 

ストレスに強い方もいれば、はたから見れば小さなストレスであっても、当人にとっては耐え難い出来事ということもあります。

 

また、体調の悪い時にストレスを受ければ、ストレスの影響が大きくなります。また、運悪くストレスが重なってしまえばダメージも大きくなります。

 

上記の表はライフイベントにおけるストレスの大きさの目安を示したものです。日常的に起こるさまざまなイベントは、たとえ楽しいものであっても、大きなストレスであることが分かります。

 

ストレスは甲状腺疾患発症の原因となるだけでなく、大きなストレスを受け続けることで、甲状腺疾患の症状に悪影響を与える恐れがあります。

  

日常生活からストレスを完全に排除することはできません。実感がなくても、ストレスは常に受けていることを前提に、リラックスできるときはリラックスし、見えないストレスからも心身を解放してあげましょう。

  

体調を整える食事はストレスへの抵抗力を養います。ときには美味しいものをゆっくりと楽しみ、また、食事療法を行いながら心身をストレスから解放してあげましょう。